蜂の子って何?

「幸せホルモン」を増やしうつ病に効果がある蜂の子

うつ病になるきっかけは人それぞれですが、強いショックや心身のストレスにより、脳内の神経伝達物質の動きが鈍化する事が原因とされています。
この神経伝達物質とは、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」を指します。
この2つは、心を平常に保つ上で重要な働きを果たしており、別名「幸せホルモン」といわれるほど心の状態に深く関わっています。
つまり、この幸せホルモンの働きが衰えてしまうと、うつ病になるきっかけとなるのです。
脳内の神経伝達物質を増やす事で、うつ病の予防や、うつ状態を軽減する事が出来ます。
そこで、効率よく幸せホルモンを増やす事ができる食品が「蜂の子」です。
蜂の子には「トリプトファン」と呼ばれるセロトニンを生成する必須アミノ酸が豊富に含まれています。
そのため、蜂の子を摂取する事で脳内の幸せホルモンが増え、うつ病に効果的に働くのです。

蜂の子でトリプトファンを摂取

別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンをつくる材料は、必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」です。
蜂の子はこのトリプトファンを豊富に含んでいます。
必須アミノ酸は体内でつくる事が出来ないため、食事から摂取する必要があります。
食事から摂取されたトリプトファンは、腎臓や肝臓で分解され、エネルギー源として利用されます。
また、脳に運ばれたトリプトファンはセロトニンを生成します。
セロトニンが不足してしまうと、睡眠障害や不安感など、うつ病を発症するきっかけを作ります。
セロトニンの材料となるトリプトファンが増える事で、脳内の神経伝達物質の働きを正常に保ち、心を落ち着かせます。
トリプトファンを含む食品は多くありますが、蜂の子のトリプトファンが良質と言われる理由として、含まれているアミノ酸の多さが挙げられます。
9種類ある必須アミノ酸は、それぞれが重要な役割を持っていますが、大切なのはその摂り方です。
アミノ酸はそれぞれバランスよく摂取する事で、互いを補い合い作用するものです。
1つのアミノ酸をたくさん摂ってもその効果は得られにくいのです。
その点、蜂の子は必須アミノ酸9種類全てを含んでいます。
必須アミノ酸の効果を十分に発揮する事ができるため、幸せホルモンの生成も効率的に出来るのです。

セロトニンによる効果

上記で解説した「幸せホルモン」セロトニンの効果は、簡単に言えば精神の安定を保つ事です。
その効果を詳しく見ていくと、うつ症状の軽減に密接に関係している事が分かります。

気持ちを落ち着かせる

セロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用があります。
そのため、心を落ち着かせて集中力を高める事が出来ます。
脳内のホルモンバランスを調整する役割を果たしているとも言われています。

眠りの質が良くなる

セロトニンは、脳を覚醒させ、交感神経を刺激する事で体内時計のズレをリセットします。
昼間はセロトニンの分泌が多くなりますが、夕方から夜にかけては働きを弱めて、代わりに「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌されます。このメラトニンは質の良い睡眠のために需要なホルモンで、メラトニンの分泌量は昼間のセロトニンの分泌量に影響されます。
このように、自律神経や交感神経に働きかける事で、正常な1日の生活リズムを作り出します。

痛みを和らげる

人の体には、「下行性疼痛抑制系」という神経があります。
この神経は痛みを抑える役割があり、セロトニンを分泌します。
セロトニンを増やす事が下行性疼痛抑制系の働きを助ける事に繋がり、痛みを抑える効果があります。

うつ状態の時には、集中力が低下し、何事にも意欲を持って取り組む事が出来なくなります。
また、うつ症状を訴える方の多くが、夜に眠れなかったり睡眠の質が悪かったりと、睡眠に障害を感じている場合が多いです。
セロトニンの効果は、その1つ1つがうつ病の症状の改善に働きかけるものです。

コルチゾール値を下げる蜂の子

心を安定させる効果を多く持つセロトニンですが、強いストレスを受けるとその分泌量が軽減してしまいます。
人はストレスを感じると、脳内にある視床下部が刺激され、「コルチゾール」というストレスホルモンを分泌します。
このコルチゾールが分泌されると、視床下部がセロトニン神経の働きを制御します。
つまり、ストレスによりコルチゾールが増えると、セロトニンが減少してしまうため、うつ病の症状を発症しやすくなってしまうのです。
実際にうつ病を抱える患者さんは、健常者と比べてコルチゾール値が高い事が分かっています。
蜂の子がうつ病に効果があるとされる理由は、このコルチゾール値を下げる栄養素を多く含んでいるからです。
神経伝達をスムーズにし、感情のコントロールを正常にする「カルシウム」、神経伝達物質の元となり、働きを活発にさせる「チロシン」、疲労によって生じるストレスを軽減させる「タンパク質」などです。
このように、蜂の子はうつ病に効果的なセロトニンを分泌するだけではなく、その効果を邪魔するストレスホルモンをも軽減させます。
またその他にも、蜂の子にはビタミン、ミネラル、亜鉛、脂肪酸など、多くの栄養素が含まれています。
全て人の体を健康に保ち、不調を治すためのものです。
ここまで多くの栄養素を含む食材は多くないため、非常に効率的に良質な栄養素を摂取できます。
結果、蜂の子は効率良く幸せホルモンを増やし、体の不調を改善する事でうつ病を軽減する効果があります。

page top