蜂の子って何?

蜂の子に含まれている成分「トリプトファン」と耳鳴りの関係

疲れを感じた時、考え事をしている時など、様々なタイミングで引き起こる不快な耳鳴りですが、耳鳴りの原因として自律神経の乱れが挙げられます。
蜂の子が耳鳴りに効く理由として、自律神経を整える「トリプトファン」という必須アミノ酸が多く含まれている事が挙げられます。

トリプトファンとは?

「トリプトファン」とは、元々牛乳から発見された必須アミノ酸の一種であり、体内でセロトニン→メラトニンと変化していきます。
セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、精神を安定させる効果がある抗ストレス作用を持つ成分です。対してメラトニンは、「睡眠ホルモン」と呼ばれ、この成分が不足すると寝付きが悪くなったり、睡眠の質の低下に繋がったりします。
セロトニンは日中に分泌量が増加するため、太陽の光を多く浴びる事で分泌量を増やす事が出来ます。セロトニンが、夜にメラトニンに生まれ変わるため、日中に太陽の光を多く浴びる事は、結果的にメラトニンを増やすことになり、眠りの質の改善に繋がります。
上記の理由から、トリプトファンが不足すると、疲れが回復されず精神不安定や自律神経の乱れを引き起こし、耳鳴りの原因となるのです。

女性はトリプトファン不足になりやすい

トリプトファンは普段の食事に出てくる肉や魚に含まれるアミノ酸のため、極端に不足する事はありません。ですが、極端な好き嫌いやダイエット、食生活の乱れにより不足する可能性があります。また、女性の場合、男性よりもセロトニンの分泌能力が半分程度と言われていますので、女性は特にヒステリーになりやすい、気分の浮き沈みが激しいと言われるのはこれが原因です。女性は特にトリプトファン不足に注意が必要ですね。

トリプトファンは過剰摂取に注意

トリプトファンが耳鳴りに効果がある事が分かりました。ですが、どんなに良い成分であっても、過剰摂取や間違えた摂取方法は逆効果です。トリプトファンも、長期間に渡り過剰に摂取をすると、内臓系の病気にかかる危険性があったり、胃痛や胸やけ、頭痛などの原因になったりする可能性があります。内臓系の病気がある方や、妊娠中、授乳中の方は摂取を控えるか、医師に相談しましょう。

まとめ

蜂の子にはトリプトファンが多く含まれていると記述しましたが、ただトリプトファンだけを摂れば耳鳴りが改善する、というわけではありません。蜂の子にはトリプトファン以外にも、カルシウムや鉄、亜鉛、ミネラル、ビタミンなど、数多くの成分が含まれています。それらがバランス良く総合的に作用する事で、日頃の自律神経の乱れを改善し、耳鳴りに良い効果をもたらすのです。蜂の子はその独特の見た目から避ける方も多いと思いますが、現在はサプリメントや漢方など、簡単に摂取しやすいようになっていますので、自分に合った摂取の仕方をお選びいただけます。耳鳴りで悩んでいる方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
蜂の子サプリで耳鳴り改善 http://oita-kaigo.moo.jp/03.html
蜂の子が耳鳴りの予防に役立つ理由とは https://www.juriflash.com/avocat_region.php
蜂の子に含まれるトリプトファンの効能 https://www.floridalinuxshow.com/article15.html

page top