蜂の子って何?

心身のストレスを軽減させ不眠を改善する蜂の子

近年、なかなか眠りにつく事が出来なかったり、眠りが浅くすぐに起きてしまったりと、不眠症を抱える人の数は多くなっています。
日本では5人に1人が不眠症と言われ、更にその数は年々増え続けており、日本睡眠医学協会の調査によると、2020年には不眠症で悩む人の数が3000万人を超えると予想されています。
その背景には、ストレスの時代と言われる現代で、日常生活の中で様々なストレスを受けている事が関係しています。
そんな中、心身のストレスを軽減し不眠の改善に効果があるといわれているのが、「蜂の子」です。

蜂の子で身体の不調を軽減

多くの人が悩まされている不眠症ですが、原因は多く人それぞれです。
その中で、体の症状が原因で起きる不眠があります。
喘息で咳が出て起きてしまう、皮膚炎で肌が痒くて眠れない、体で悪い部分があり痛みを感じて眠れないなどの症状です。
またその他に、高血圧、糖尿病、狭心症、心不全、胃潰瘍、脳血管障害などを抱えていると、不眠症になりやすいと言われています。

蜂の子には、これらの体の不調を治す栄養成分が多く含まれています。
水分、タンパク質、炭水化物、脂質、繊維質、ビタミン、ミネラル、脂肪酸など、人の体を健康に保つ上で重要な成分です。
中でもタンパク質は、人の髪、皮膚、筋肉、骨、内臓などをつくる元となるため、健康のために非常に重要です。
蜂の子が健康に良い食品だと言われている理由は、蜂の子が質の良いタンパク質を含んでいるからです。
タンパク質の元となっている「アミノ酸」ですが、蜂の子は20種類中18種類のアミノ酸を含んでいます。
その中でも重要な役割を果たしている9種類の「必須アミノ酸」には、筋肉疲労を軽減する、骨の発育を促進する、内臓の働きを助けるなどの効果があります。
必須アミノ酸は体内で生成する事が出来ないため、食品から摂取する必要がありますが、蜂の子はこの必須アミノ酸9種類全てを含んでいます。
また、アミノ酸は一種類だけ過剰に摂取しても、効果は得られないものです。
互いが作用しあって効果を発揮するものなので、バランス良くアミノ酸を含んでいる蜂の子は、効率よく摂取でき十分な効能を発揮する事が出来ます。
このように、蜂の子は体の不調を改善するための良質なタンパク質を多く含んでおり、その効果を十分に発揮できるのです。

ストレスと眠りのメカニズム

睡眠時には、浅い眠りの状態である「レム睡眠」と、熟睡状態の「ノンレム睡眠」を繰り返しています。
質の良い眠りのためにはこのノンレム睡眠が重要になるのですが、強い精神的ストレスがある人は、ノンレム睡眠の割合が減ってしまうという研究結果が出ています。
人はノンレム睡眠時に脳の疲れを回復させているため、ノンレム睡眠の時間が減ればもちろん疲れが残ってしまい、日中でもだるさが残ったり意欲が湧かなかったりします。
精神的ストレスの増加でノンレム睡眠の割合が減る理由は、もう一方のレム睡眠時の脳の状態にあります。
熟睡しているノンレム睡眠の時、脳は休んでいる状態ですが、眠りの浅いレム睡眠の時の脳は、記憶の整理をするために活発に働いています。
レム睡眠の役割は、記憶を整理し、心のメンテナンスをする事です。
つまりストレスが多い状態だと、メンテナンスをしなければいけない記憶の量が増え、睡眠時でも脳が活発になるためレム睡眠の時間が多くなってしまうのです。

精神的ストレスを軽減する蜂の子

上記で、精神的ストレスが不眠の原因となると解説しましたが、蜂の子はこの精神的ストレスを軽減させる成分を含んでいます。
代表とされるのが、心身のバランスを整える「カルシウム」と、ストレスや疲れを解消してくれる「チロシン」です。
カルシウムには、感情のコントロールを正常にする働きがあり、チロシンには神経伝達物質の働きを活発にさせる働きがあります。
人はストレスを感じると、脳内にある視床下部が刺激され、「コルチゾール」というストレスホルモンを分泌します。
精神的ストレスを感じ不眠の症状に悩んでいる人は、このコルチゾール値が高い事が分かっています。
カルシウムやチロシンは、このコルチゾール値を下げる働きを持っているのです。

また蜂の子は、別名「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」をつくるのに効果的な食品です。
セロトニンの材料は必須アミノ酸の一種の「トリプトファン」であり、蜂の子にはこのトリプトファンが豊富に含まれるからです。
体内に入ったトリプトファンは脳に運ばれ、セロトニンを生成します。トリプトファンはセロトニンの材料となるのです。
不安感やうつ病を発症して睡眠障害に陥っている時は、このセロトニンが不足している状態の場合が多いです。
つまり、睡眠障害を改善するには、このセロトニンを充足させる必要があります。
蜂の子には、トリプトファンを含む必須アミノ酸9種類全て含まれているため、互いに働き合う事で存分にその効果を発揮し、効率良くセロトニンを生成出来るのです。

このように、蜂の子には不眠の原因であるストレスを、身体と心の両面から改善していく事ができるため、不眠の改善に優れた食品として認められています。

page top