蜂の子って何?

筋肉をつくり代謝を活性化させる蜂の子

私たちは毎日食事から栄養素を摂り入れ、それを体内で燃やしエネルギーに変えます。
この仕組みを「代謝」といいます。
呼吸をしたり、心臓を動かしたり、食べ物を消化吸収したり、新しい細胞を生み出すのも、全て代謝の働きによるものです。
「代謝が良い」というのは、栄養素をエネルギーに変え消費する働きが活発な状態を指し、反対に「代謝が悪い」というのは、エネルギーに変える事が出来ず体内に貯めこんだ状態でいる状態です。
冷えやむくみがある、汗をかきにくい、なかなか痩せない、という人は、この代謝が悪い場合があります。
健康な体を保つためには、代謝を活性化させる必要がありますが、それに適した食品が「蜂の子」です。

「代謝」の種類

一口に「代謝」といっても、消費系の代謝は大きく分けて3つの種類があります。

基礎代謝

消費系代謝のうちの70%が「基礎代謝」です。
体温を調整する、呼吸をする、内臓を動かすなど、何もしていなくても使用されるエネルギーです。
生命維持のために使われますが、睡眠中はこの基礎代謝が約10%下がるといわれています。
基礎代謝の内訳は肝臓の27%が一番高く、次いで脳の19%、筋肉の18%です。

生活活動代謝

基礎系代謝のうちの20%がこの「生活活動代謝」です。
日常生活の中で、運動などで身体を動かす時に使われるエネルギーです。

食事誘導性体熱産生(DIT)

残りの10%が「食事誘導性体熱産生」です。
食事を摂ると、消化吸収のために一部が熱となりエネルギーが消費されます。
そのため、食後は安静にしていても代謝量が増えます。

上記の3つの中でも特に重要なのが、1番の割合を占める「基礎代謝」です。
基礎代謝量は10代の頃が1番高く、年齢を重ねていくにつれ減少していきます。
年を取って痩せにくくなった、という声を耳にする事がありますが、基礎代謝が低下している事も原因の1つとされています。
基礎代謝を上げるために効果的なのが、体を動かし「筋肉量」を上げる事です。


筋肉量を増やし代謝を上げる蜂の子

基礎代謝の増減は、筋肉量に比例しています。
上記で、年齢によって基礎代謝の機能が低下するといいましたが、低下する1番の原因が、年齢とともに筋肉量が減少するからだと考えられています。
実際にエネルギーが多く消費されるのは、肝臓や脳、腎臓など、内臓部分が多いです。
ですが、臓器の大きさは年齢によって変わらないため、加齢によって代謝量が影響を受ける事はありませんが、筋肉は加齢によって減少していきます。
ダイエットをすれば代謝が上がると考えられがちですが、ダイエットをして脂肪を落としても、脂肪は代謝量が低いためあまり変化はないのです。
つまり、代謝量を上げるには筋肉量を増やす必要があります。そして蜂の子には、筋肉を増やす成分が多く含まれています。
代表される成分が、「タンパク質」と「ビタミンB2」です。
タンパク質は、炭水化物や脂質と並ぶ三大栄養素の1つです。体内でエネルギー源として働き、筋肉を作るための栄養素です。
蜂の子には100gあたり9.4mg程度のタンパク質が含まれています。
また、蜂の子のタンパク質は「アルギニン」と呼ばれるアミノ酸を含んでいます。
アルギニンには脂肪の燃焼を促し、筋肉をつけやすくする働きがあります。
これらの成分により筋肉が作られ代謝が活性化する事で、余分な脂肪もエネルギーに変化させる事が出来ます。
この、エネルギーへと変化させる働きを助けるのが「ビタミンB2」です。
ビタミンB2は、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるために必要な栄養素です。
基礎代謝の割合は肝臓が1番高いため、肝臓の代謝を活性化させるのは非常に重要な事です。

蜂の子のタンパク質が良質な理由

上記にて、筋肉をつくる上でタンパク質が重要となると解説しましたが、タンパク質を摂るのに蜂の子食品は最適です。
何故なら、蜂の子のタンパク質は量も豊富で、質が良いからです。
タンパク質は様々な種類のアミノ酸が繋ぎ合わさって構成されています。
そしてアミノ酸には、体内で生成されるものと、体内で生成されないものがあります。
体内で生成されないアミノ酸は、「必須アミノ酸」と呼ばれ、食事から摂取する必要があります。
アミノ酸は、偏って1種類を多く摂ってもその効果は得られにくく、複数のアミノ酸をバランスよく摂って初めてその効果を得る事が出来ます。
その点、蜂の子は20種類あるうちの18種類のアミノ酸を含んでおり、その中には9種類の必須アミノ酸も全て含まれています。
非常に効率的に筋肉の元となるタンパク質を生成する事が出来るのです。
また蜂の子には、ビタミンやミネラルなどの不足しやすい成分も含まれています。
筋肉を作り、脂肪の燃焼を促進させる事が出来る蜂の子は、代謝を上げるのに優れた健康食品なのです。

page top