蜂の子って何?

肥満防止の成分を含みメタボを改善する蜂の子

現在、偏った食生活や運動不足などから、メタボといわれている人が増えています。
メタボとは「メタボリックシンドローム」の事であり、今では太っている人の代名詞のような使われ方をしています。
実際は「内臓脂肪症候群」と呼ばれ、高血圧や高コレステロールなどの異常が重なっている状態の事を指します。
メタボの改善には、食生活の乱れを整え、適度な運動が必要ですが、毎日意識して実施するのは難しいものです。
そこでメタボの改善におすすめしたいのが「蜂の子」です。

蜂の子に含まれる「ミネラル」

メタボ患者の特徴として、「肥満状態であるのに栄養失調」の状態である場合があります。
この理由は、メタボ患者は食生活のバランスの乱れにより、高カロリーなものばかりを食べ、栄養が偏ってしまっているからです。
脂肪を代謝するための成分が不足しているため、お腹に脂肪が溜まり続ける事によってメタボの症状を引き起こしてしまうのです。

蜂の子がメタボの改善に効果がある理由は、含まれている成分にあります。
その1つが「ミネラル」です。特に亜鉛とマグネシウムは、代謝にとって重要な役割を果たしています。
亜鉛とマグネシウムはいくつか共通の役割を持っています。
主な役割としては、タンパク質の合成、エネルギーや細胞の代謝、酵素のサポートなどです。
具体的には下記のような役割を果たします。

  • インスリンの分泌を促進し、糖の代謝を助け、糖尿病を予防・改善する
  • 神経伝達物質であるセロトニンを合成する
  • 体のリズムを正常に保つメラトニンを合成する
  • 解毒作用の働きをもつ肝臓の機能を正常に保つ
  • 便秘や下痢を予防・改善する
  • 酵素の働きを助け、疲れを改善する

このように、蜂の子に含まれる亜鉛とマグネシウムは体の状態を正常に保ち、健康な体つくりに効果的な役割が多くあります。
亜鉛とマグネシウムは、それぞれを摂取した時よりも、同時に摂取した方が高い効果を得られるという特徴があります。
蜂の子にはどちらの成分も含まれているため、蜂の子1つで効率よく摂取する事ができるのです。

蜂の子に含まれる「ビタミン」

蜂の子には、メタボに効果のあるビタミンも含まれています。
ビタミンも様々な種類がありますが、特に蜂の子にも含まれている「コリン」は、肥満防止に大きな効果があります。(コリンはビタミンB群の仲間ですが、正確にはビタミン様物質に分類されます)
コリンは、体内に入ると脂肪を燃焼する効果があり、脂肪のつきにくい体を作る事が出来ます。
そのため、肥満の予防や改善に効果があり、脂肪肝の発生を抑えてくれる役割を果たします。
またコリンには、血液中の循環を正常にし、血管にコレステロールが付着するのを防ぐ効果があります。
メタボ患者は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高い場合が多いのですが、コリンには血圧を正常にする効果もあり、これらの病気のリスクも軽減させる事が出来ます。

もう1つ肥満の改善に効果のあるビタミンが「ビタミンB2」です。
ビタミンB2は水溶性のビタミンで、別名「リボフラビン」と呼ばれています。
三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進し、エネルギー代謝を助ける事により、体の機能を維持します。
食事から体内に摂取された脂質や糖質を分解し、エネルギーに変え消費するのがこのビタミンB2です。
この効果により体が脂肪を溜め込むのを防ぐため、ビタミンB2はメタボに効果的です。
体にとって重要な栄養成分ですが、水溶性であるため、体に蓄える事が出来ないものです。
そのため、毎日継続的に摂取する必要がありますが、毎日意識して食事の中から摂るのは難しいです。
蜂の子にはこのビタミン群と、同時に摂ると効率的なミネラルを含んでいるため、バランス良く必要な栄養成分を摂取する事が出来るのです。

合併症も防ぐ蜂の子

現在は、40代~70代男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームといわれています。
あまり深刻に考えられない場合もありますが、実は大きな病気を引き起こす可能性のある危ない状態です。
腸の周りや腹腔内に脂肪が蓄積する事で、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を引き起こしたり、動脈硬化の進行を速めたりします。
動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因となるため、特に注意が必要です。
蜂の子は、上記で挙げたような成分の他にも、タンパク質、脂質、脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど、バランス良く多くの栄養成分を含んでいます。
そのため、メタボによって引き起こされる他の症状にも効果的に働くのです。
あらゆる栄養成分は、それぞれをバランス良く摂取する事でその効果を高める事が出来ます。
毎日の食事をバランス良く保つのは大変ですが、蜂の子1つで幅広い栄養成分が摂れるため、健康的にメタボを改善する事が出来るのです。

page top