蜂の子って何?

耳鳴りの原因となる「体の不調」を改善する蜂の子

蜂の子が耳鳴りの症状を軽くする

何も音が鳴っていないのに、耳の奥で「キーン」と何かが鳴っているような気がする耳鳴りですが、その原因を特定するのが難しい症状です。
耳鳴りを発症するきっかけは人それぞれで、寝不足が続いたり、風邪をひいたり、仕事で疲れが溜まっていたりと、日常のほんの少しの変化でもきっかけになる事があります。
「ストレスが原因」だと言われる場合が多いですが、実は肩こりや体の歪み、内臓の不調など、耳とは関係の無さそうな身体の部分が原因になっている場合があります。
それは、筋肉が硬直する事や、体の土台である骨盤が歪む事で、頭部周辺にも影響が出てしまい、耳の筋肉や緊張感が耳鳴りの原因となるからです。
身体は全体的に繋がっているため、このように耳に直接関係ない部分の不調が耳鳴りの原因になる事があります。
耳鳴りの発症の原因は非常に幅広く、人それぞれ違いますが、ストレスが思い当たらない場合は身体の不調を考えてみる事がおすすめです。
耳鳴りの症状を軽くする食べ物として注目されているのが「蜂の子」です。
蜂の子が効果があるとされる理由は、ストレスの元となる身体の不調を整える成分を多く含んでいるからです。

耳鳴りの原因となる体の症状

耳鳴りの原因となる主な体の症状は下記のとおりです。

肩こり

耳鳴りを発症している患者さんの多くが、同時に肩こりも感じています。
耳鳴りと肩こりが同時に発症しやすい原因は、どちらも「血行不良」が原因で起こるからです。
肩や首には大きな血管が通っているため、肩こりが起きている場合には、肩より上の頭部が血行不良の状態です。
血行が悪いと、筋肉に停滞した老廃物が処理されず、筋肉の代謝が落ちます。
それにより、頭部や耳の周りの筋肉が強張り、緊張状態になる事で耳鳴りを引き起こします。

骨盤や足の歪み

人間の体は、骨盤を中心に、足を土台として体全体を支えています。
骨盤や足の歪みはそのまま上に反映されてしまうため、耳を含めて頭部の症状に繋がります。

内臓の働き

体はストレスを感じると、胃や腸など、柔らかい部分から症状が出ます。
仕事などでストレスを感じた時も、極度の緊張感で胃が痛む事がよく知られています。
胃や腸は、食道を通って耳まで繋がっているため、内臓の不調が耳鳴りの原因となります。

このように、耳とは全く関係のない部分の不調も、耳鳴りを引き起こす原因となるのです。

体の不調を改善する蜂の子

アミノ酸が豊富

蜂の子がこのような症状に効果的な理由は、健康な体をつくる上で欠かせない「タンパク質」を豊富に含んでいるからです。
3大栄養素の1つであるタンパク質は、人の体のほとんどを構成する非常に大切な栄養素です。
髪、皮膚、筋肉、爪、骨、内臓など、すべてタンパク質から出来ています。
人の体は常に、タンパク質を分解→合成という作業を繰り返しているため、毎日補給する事が必要です。
蜂の子のタンパク質は非常に良質で、「必須アミノ酸」9種類が全て含まれています。
9種類の必須アミノ酸には、筋肉疲労を改善する、骨の発育を促進する、内臓の働きを助ける、などの効果があります。
良質なタンパク質の条件として、この必須アミノ酸が含まれているかが重要となりますが、
食品で必須アミノ酸が全て含まれているものは少ないです。
必須アミノ酸は、体内でつくる事が出来ないため、食事による摂取が必要です。
その点で蜂の子は、必須アミノ酸に加え、20種類中18種類のアミノ酸を含んでいるため、効率よくアミノ酸を摂取できます。

耳鳴りに効果的なトリプトファン

また、蜂の子のアミノ酸の中には、耳鳴りに効果のある「トリプトファン」も含まれています。
トリプトファンは体内に入ると、

「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニン→「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニン

という流れで変化していきます。
セロトニンには精神を安定させる効果があり、メラトニンには寝つきを良くし、睡眠の質を上げる効果があります。
トリプトファンを充足させる事で、体や内臓の疲労を軽減させ、健康な体をつくる事が出来ます。

その他にも、蜂の子には「水分、炭水化物、脂質、繊維質、ビタミン、ミネラル、脂肪酸」などが含まれています。
特にアミノ酸のバランスは良く、不足しがちなものがしっかりと補えるようになっているのです。
珍しい成分や特別な成分が含まれている訳ではないですが、人の体を健康に保つための栄養素が全て含まれています。
そのため蜂の子は、耳鳴りの原因となる体の不調に非常に効果的な食品です。

【参考文献】
手軽に摂れる蜂の子サプリ http://kubotaatsushi.skr.jp/intake.html

page top